香水について

20101126070516

香りは記憶と密接に関わっている、ということを聞いたことがある。
たしかに、毎年秋に金木犀の香りがすると、前の年のその時期のことを鮮明に思い出す。
また、別れた恋人の香水の香りはいつまででもその人のことを思い出させる。
人それぞれの香りを楽しめる香水はとても奥が深くおもしろい。
男性でも女性でも香水をつけすぎて、その人の香りというより香水そのものの匂いになってしまっている人は少なくない。
香水は、適量つけ、ほのかに香るのがいいと思う。
抱き合った時、隣に来た時、自分の領域に人が入ってきてはじめて香るぐらいが最適だと思う。
香りの好みは味の好み以上に人それぞれである。それ故に香りをプレゼントするのはとても勇気がいることだ。
それでも、恋人や親しい友達からのメンズ香水プレゼントはとてもうれしい。
どんな香りを選ぶかによってその人が自分をいかに考えてくれて、どのように思っているかがわかるからだ。
恋人同士で同じ香りをつけることなどにはとても憧れを感じる。

コメントを残す